がじ煮/村上

DSC_4553re のコピー

 

【 がじ煮 】

 

がじ煮のがじとは“河味”または“雅味煮”の訛りです。

平安期には都に献上されたという三面(ミオモテ)川の鮭。(ちなみにイヨボヤとも呼びますよ。)江戸時代には、サケの回帰性を発見した村上藩が増殖に努め、特産物として奨励していました。

鮭の身、なわた(白子、肝臓、胃袋など、鮭の内臓)、はらこを一緒に煮つけたもので、鮭一匹を大切にし、身体の部分を骨から皮から頭ままで何一つ残さず食べるという村上地域の郷土料理として、象徴的な料理でもあります。

 

ワイルドな見た目とは裏腹に、食べ出すと美味しくて箸が止まらないというのは郷土料理によくあるパターン。

美味しさは見た目では判断出来ません。

好みの食べ物だけを食べ続けるのではなく、

様々な食事をする事で経験する新しい味覚の発見は

きっと大人になってからのあなたの人生を豊かにしてくれます。

何でも挑戦して「食べてみる」「試してみる」と言う事はとても大事!

 

 

《 材料 4人分 》

生鮭     200g

なわた(白子等)100g

はらこ        40g

かつお出汁 500cc

酒 大2

糸こんにゃく        2個

生しいたけ  大4個

長ねぎ        1本

しょうゆ     大さじ5

みりん        小さじ1

塩      少々

三葉  少々

 

《 作り方 》

①      鮭を3枚におろした身を使い1.5cmぐらいのさいの目に切り、なわたは適当な大きさに刻む。

②      1にさっと熱湯をかけてから水洗いする。

③    はらこは塩少々入れた湯で茹でる。

④       下煮した糸こんにゃくはざく切り、しいたけはうす切り、ねぎは斜めに切っておく。

⑤     だし汁を煮立て調味して2の鮭を加え、4の具も加えて煮込む。

⑥      器に盛りはらこと青みを添える

Top