おぼろ汁/上越

DSC_4670re のコピー

 

【 おぼろ汁 】

出汁と醤油とみりんで甘めに仕上げた吸い物に、お玉ですくったおぼろ豆腐を入れ、片栗粉でとろみをつけます。お好みでネギや生姜、柚子を入れる場合も。出汁は鰹出汁が多いですが、鶏肉や胡桃で出汁を取る地域もあるそうです。

元々遣唐使の時代に中国から関西に伝わり、広がった食材「豆腐」。これをタンパク源として使ったあたたかい汁物は小正月や春までの行事でよく食されます。小正月は仏様のお正月とも言います。精進料理には豆腐を使ったバライティー豊かなものが多く、このメニューもそういった精進料理などから派生した、上品な家庭向けの郷土料理の一つ。

 

とろみのついたあったかスープとして、朝食や勉強の合間に小腹のすいたときなどにも食べてもらいたいメニューです。

 

《 材料 4人分 》

 

おぼろ豆腐 200g

かつお出汁 500cc

醤油 小さじ2

みりん 小さじ2

砂糖 小さじ1

塩 小さじ1

水溶き片栗粉 大さじ1

小ネギ 大さじ1

生姜 小さじ1

 

《 作り方 》

①   出汁、醤油、すりおろした生姜、みりん、塩を入れてひと煮立ちさせる。

②   お玉ですくったおぼろ豆腐を入れて、水溶き片栗粉でとろみをつける。

③ 吸地と豆腐を椀に盛り、仕上げに小口切りの小ネギを乗せて完成。

Top