新潟冬の風物詩「潟東の鴨」を使ったコース料理

新潟冬の風物詩の一つでもある潟東の鴨を使い、ツアーのお客様をいわむろや別館「小鍛冶屋」さんでおもてなしです。

お世話になっている大越農園の大越さんが狩猟免許を取得され、DAIDOCOケータリングではなんと猟の期間、新鮮な鴨が仕入れ可能に なったわけです♪

伝統的な潟東の鴨猟というのは、散弾銃を使わず網を仕掛けて獲るんです。

散弾銃の弾が残らないから、肉に臭みが回らず鴨本来の旨味を味わえます。

もちろん胸肉は火を入れ過ぎずタリアータのようにして召し上がっていただきました。

そして腿肉はテリーヌに。

今季はもうあと1ヶ月で禁猟になってしまうのでお早めに!!

(※この寒さで氷の張った田んぼに鴨が降りれず獲れないことがあるのでご了承ください)

Top