春の知らせ、フキノトウの登場。

大寒が過ぎてから、新潟の空にも晴れ間が少しずつ見える機会が多くなったような気がします。

それでも相変わらず朝や夜の冷え込みはなかなかつらいのはみさなん一緒ではないでしょうか・・・。

雪もほとんどない日々が続いていますが、この時期は『款冬華さく(ふきのとうはなさく)』といって、

フキノトウが雪の中からそぉっと蕾を出す頃でもあります。

新潟ではまだまだと思っていたのですが、なんと『いわむろや』で販売されていたらしく、早速シェフがフキ味噌を作っていました。

今回は味噌の割合を少し多めに。

2015-01-23 00.03.19

味噌の風味からひょこっと顔を出しているようなフキノトウ。

この、主張しすぎないけどかすかに香ってくる具合が,雪の中から一生懸命に蕾を出そうとしている様子をあらわしているようなきがします。

KOKAJIYAではこれをメイン料理のお魚や炭火で焼いたお肉料理に合わせて召し上がってください。

2015-01-23 00.06.23

※ちなみに上のお皿(右上)にフキ味噌、(右中央)には自家製柚子胡椒ものっています。

まだまだ遠いと思っていた春も、こんな形で訪れを教えてくれる自然に日々感謝ですね。

ぜひ、岩室でこの『身支度』の変化を楽しんでみてください。

スタッフ:細貝

Top