『冬至』の過ごし方のご紹介です。

本日12月22日は一年で最も昼が短い『冬至』の日ですね。

冬至は太陽の周期によって作られた二十四節気の起点であり、スタート地点でもあります。

日照時間が最も少ない、と同時に『太陽の復活の日』とされ、日本では昔からお祝いされていました。

そして今年は『月の復活の日』ともされる新月が重なり、『朔(月)旦(太陽)冬至』という珍しい日になっているそうです。

しかし今季は新潟全域に雪の積雪もおおく、新潟の冬を思い知らされる日々をお過ごしではないでしょうか。

そんな新潟の冬をほっとさせてくれるKOKAJIYAならではの景色がこちら。

『お座敷のから見えるお庭』

KOAJIYA冬囲い2014

前回も『スタッフのお気に入り』でご紹介しましたガスストーブ。

KOKAJIYAストーブ

色合い・このフォルムといい、愛らしい姿がこのKOKAJIYAの雰囲気を作り出してくれます。

そして、先日終えたばかりの『KOKAJIYAオリジナル冬囲い!!』

KOKAJIYA冬囲い 玄関2014

庭師の方が丸一日かけてして下さいました。

なんと・・・KOKAJIYA仕様の冬囲いだそうです!

プロの方にしていただくとこんなにも素敵になるのかと,ずっと見とれてしまいます。

お料理やお飲物にも冬の季節を感じられる柚子や生姜をあしらって。

イタリアンと融合したKOKAJIYAならではのおもてなしで、みなさまのお越しをお待ちしております。

Top