新潟三越KOKAJIYA展開催中。11日17時よりトークセッション!

2014/9/10

スーパームーンの9月9日、無事にオープンする事が出来ました

新潟三越で開催中の「灯りの食邸 KOKAJIYA展ー紡がれてゆくレシピー」

初日より沢山の方にご来場頂き、メンバー一同感激しております。

また、様々なメディアの皆様にも掲載して頂きました。

http://www.kenoh.com/2014/09/10_kokajiya.html

(ケンオードットコム様レセプションの風景を掲載して頂きました)

開催は15日まで。

是非この機会に私たちの活動について少しでも知って頂けたらと思っています。

 

さて、明日はいよいよ前半のメインイベント、

17時より7階を会場にトークセッションをおこないます。

*****

トークセッション「わすれられると、なくなってしまうもの。」
2014年9月11日(木)17:00~ 2時間程度|観覧無料
ゲスト:曽我部昌史(建築家・神奈川大学教授・みかんぐみ共同主宰)、成瀬正憲(日知舎主宰)
トークメンバー:司会・進行/山倉あゆみ(DAIDOCO/ foodrop)、桾沢厚子(ブリコール)

guest-

写真左©Toru Kometani

ゲストを迎えてのKOKAJIYA1周年スペシャルトークセッション。神奈川大学教授/みかんぐみ共同主宰、建築家としての設計だけでなく、ワークショップの企画運営や評論の執筆、アートプロジェクトなど、様々な活動を展開され、新潟では2012年に水と土の芸術祭メイン会場の構成を担当した曽我部昌史さんと、山形にて山伏修行の場づくり、精進料理による地域づくり、リトルプレス「アトツギ編集室」の出版活動などを行なう日知舎(ひじりしゃ)主宰の成瀬正憲さんをお迎えし、「わすれられると、なくなってしまうもの。」をテーマにお話を伺います。KOKAJIYAの活動を通して、私たちが今改めて気になる二人をお誘いしました。会場との会話も交えながらのざっくばらんなトークセッションです。

*****

 

今回私たちが展示の中でも大切にした言葉の一つである、

 

「 わすれられるとなくなってしまうもの 」

10301355_555364741231685_9026019802344968227_n

 

これは企画展のコピーライトを担当したザツダン横田孝優さんから出てきたワードです。

横田さんはkokajiyaの「灯りの食邸」という店名の名付け親でもあります。

この二つのワードには今回の展示プロジェクトスタッフにもそしてkokajiyaプロジェクトスタッフにも、それぞれの様々な思いがこもっています。

そして、展示内容である2013年秋から一年の活動を通して

私たちが辿り着いた言葉でもあるのです。

今、本当に大切にしたいものを、

こうして沢山の皆さんと共有出来る機会を頂いた事に感謝します。

 

明日は17時より開始。

お席に限りがございますのでご希望の方はどうぞお早めにお越し下さい。

会場にて、お待ちしております。

 

 

Top