いよいよ明日より新潟三越KOKAJIYA展開催!!

2014/9/8

いよいよ明日9月9日よりオープンの

『 灯りの食邸KOKAJIYA展 −紡がれてゆくレシピ− 』

無事に展示の作業も終了しました。

関わって下さった皆さんに本当に感謝です。

会場は、kokajiya同様様々なストーリーでいっぱいです!

会場にて、皆様のおこしをお待ちしております。

 

そして、ここで最後に期間中の催しのおさらいです。

*****

『 灯りの食邸KOKAJIYA展 −紡がれてゆくレシピ− 』

10557320_551805421587617_21920798866760323_n

日時:9月9日(火)〜15日(月祝)※最終日は午後5時終了

会場:新潟三越7階催物会場+1階ライオン側入口

 

【 灯りの食邸 KOKAJIYA展 -紡がれてゆくレシピ- 】

9月9日(火)〜15日(月祝) 10時〜19時(最終日は17時終了)

民家であった「小鍛冶屋」が「灯りの食邸 KOKAJIYA」となり、現在に至るまでの出来事を展示。関わってきた人々の言葉とスナップ写真、小鍛冶屋に残されていた道具たちを手がかりにひも解いていきます。

 

【 オープニングレセプション 】 

9月9日(火) 18時〜

展示スタッフ紹介、kokajiyaスタッフ紹介とオーナー熊倉誠之助よりご挨拶させて頂きます。

(乾杯酒の振る舞いあります!)

 

【 フードワークショップ「私たちのにいがたレシピ」 】

5621deba8a18b839c7a4321764bb05e8-620x465

シェフと仲間達の小さなデモンストレーション形式のワークショップ

登場するのはKOKAJIYAのシェフ熊倉誠之助とその仲間達。

それぞれがフリーランスとしても活躍するKOKAJIYAをとりまく料理人たちがメインで登場します。それぞれに企画した新潟にまつわるメニューのデモンストレーションは、最後においしい試食付き。

会場:7階催物会場 オープンキッチンスペース

時間:14時〜(約30分ほど)

参加費:500円 KOKAJIYAミニレシピブックと試食付き

申し込み:当日10時より会場にてお承ります。

事前お問い合わせはDAIDOCO山倉:090-4723-9714まで

※各回の内容はこちらでご確認下さい。

 

【 KOKAJIYA×いわむろマルシェ  】

9月9日(火)〜15日(月祝) 10時〜19時

KOKAJIYAのある西蒲区周辺エリアは希少多種の美味しいものが沢山。ほかの地域ではなかなか手に入らない岩室観光施設いわむろやの物産品や、KOKAJIYAシェフ特製新潟食材のお野菜パスタソース、自家製シュトーレン用フルーツ漬けキット、KOKAJIYA男子スイーツを販売します。

◎三連休限定 「朝採りいわむろ野菜の青果市」開催!(13日〜15日 11時〜)

そして!!KOKAJIYAからはオリジナル商品、

『 KOKAJIYAmade  こしらえ「拵」 』

新潟産農産物を使用した新シリーズの登場です!!

0827_koshirae-3

 

今回は

パスタソース、

KOKAJIYA CAKE2種、

シュトーレン用冬のドライフルーツ漬けセット

の登場です。どの商品も数量限定販売ですので、お見逃し無く。

【 DAIDOCOキッチンカーKOKAJIYAアグリピクニックcafé」 】

10660600_1512355582340760_215138524_n1-620x413

9月9日(火)〜15日(月祝)10時〜19時 会場:1階ライオン側入口

DAIDOCOキッチンカーが三越入口をジャック!西蒲区の農産物を使った期間限定秋のピクニック風カフェを展開します。(新米お茶漬けBAR、秋の青果氷、KOKAJIYA coffee)

KOKAJIYAのまかない出汁茶漬け 600円

・八海山サーモンの薫製

(蒸し茄子/茗荷/塩昆布/あられ/海苔/小葱)

八海山で養殖する大型のニジマス。その名も「八海山サーモン」。これをKOKAJIYAでは丁寧に燻し、薫製に仕上げています。こちらのサーモンを贅沢に使った出汁茶漬け。トロトロの蒸し秋茄子と一緒にお召し上がり頂きます。

・山古志牛のしぐれ煮

(ししとう味噌/大葉/あられ/海苔/レモン)

KOKAJIYAのメイン料理にも登場する山古志牛、こちらをしぐれ煮にし、いわむろやで大人気のごはんのおとも、永塚農園さんの「ししとう味噌」と合わせました。最後にレモンをぎゅっと搾ってどうぞ。

DAIDOCO青果氷 500円

バターナッツカボチャ(岩崎食品さん)

完熟いちじく(くだもの屋にへじさん)

ぶどう(永塚農園さん)

桃 (五十嵐利兵衛農園さん)

枝豆(保苅農園さん)

越後姫(石田農園さん)

Shiocotti[シオコッティ]

(プレーン250円 / レモン&ソルト、アップルシナモン300円)

KOKAJIYAきってのスイーツ男子、汐見が贈るビスコッティ。その名もシオコッティ。素朴さの中にこうばしさと香りを閉じ込め、一つ一つ丁寧に焼き上げました。ランチの食後ドリンクとともに一口サイズで提供されています。

KOKAJIYA cafe 400円

・KOKAJIYAのホットコーヒー

・KOKAJIYAの水出しアイスコーヒー

 

【 KOKAJIYAトークセッション 「わすれられると、なくなってしまうもの。」 】

2014年9月11日(木)17:00~ 2時間程度|観覧無料
ゲスト:曽我部昌史(建築家・神奈川大学教授・みかんぐみ共同主宰)、成瀬正憲(日知舎主宰)
トークメンバー:司会・進行/山倉あゆみ(foodrop)、桾沢厚子(ブリコール)

guest-

写真左©Toru Kometani

ゲストを迎えてのKOKAJIYA1周年スペシャルトークセッション。神奈川大学教授/みかんぐみ共同主宰、建築家としての設計だけでなく、ワークショップの企画運営や評論の執筆、アートプロジェクトなど、様々な活動を展開され、新潟では2012年に水と土の芸術祭メイン会場の構成を担当した曽我部昌史さんと、山形にて山伏修行の場づくり、精進料理による地域づくり、リトルプレス「アトツギ編集室」の出版活動などを行なう日知舎(ひじりしゃ)主宰の成瀬正憲さんをお迎えし、「わすれられると、なくなってしまうもの。」をテーマにお話を伺います。KOKAJIYAの活動を通して、私たちが今改めて気になる二人をお誘いしました。会場との会話も交えながらのざっくばらんなトークセッションです。 

Tango「岩室-12ヶ月-」写真スライド展示

0f23f2d221c03800f0796cf032e318b51

*****

明日9日は18時より催物会場にて小さなオープニングレセプションもございます。

KOKAJIYAシェフ熊倉が語るコカジヤの話し。

スタッフからのご挨拶やプロジェクトメンバーのご紹介などを致します。

参加自由、入場無料ですので、是非この機会にご参加下さい!

 

さて、いよいよあと12時間。

DAIDOCOとしてもはじめての試み。

まさに新たなスタートです!

 

Top