土着ワークショップ保存食シリーズが始まります!!

いよいよ開始!土着ワークショップvol.3

今年はシリーズでやります「保存食」!!

20549740bfe2b7ad5f18d5b03d365aa11

新潟市のフィールドに着目し食材を丁寧に加工したり保存したりという当たり前に家々で繰り返されてきた手仕事、「保存食」のワークショップを企画しました。

今回はDAIDOCOパティシエ佐藤千裕がナビゲートする「うめしごと」。

素材は江南区の「ひかり畑さんの藤五郎梅」です!

10410037_620560864706830_1948638872_n10453285_514886568612836_47887572_n

以下室礼ホームページより御案内です。

********

灯りの食邸kokajiya二階「室礼」では、「土着ワークショップ」(※これまで土着ワークショップの模様はページ下をご参照)と題し、岩室地域をはじめ、新潟に伝わるさまざまな文化や生活の知恵を今後に残し、生かしていくためのワークショップをシリーズで展開しています。小さなことから「土着のもの」を取り入れ、自らの手や身体を使って、今の暮らしをリフレッシュしていく。そんなことを、この場所から展開そして発信できればと思います。

昨年の干し柿づくりに続き、今年は、“保存食”にも力を入れていきます。まずは、初夏の「梅仕事」から。梅はこれから暑くなる時期の体に、とっても良い効能をもたらしてくれる食材です。ひと手間かかりますが、丁寧な梅仕事をみんなで勉強して、旬の力でこれらかの季節に負けない身体をつくりましょう!

「うめしごと」第一回目の主役は、江南区にあるひかり畑さんの「藤五郎梅」。農薬を使わずに森と同じような環境で土や木の力のみで育った自然栽培の青梅で、「青梅シロップ&梅味噌」づくりを学びます。その他砂糖、味噌などもダイドコ厳選食材を使用!なお、これから年間を通して、新潟のフィールドから学べる「季節の保存食作り」を展開していきます。次回は完熟梅で梅干づくりを予定しています。

////
土着ワークショップvol.03『うめしごと01―青梅シロップ&梅味噌』
////

日時:2014年6月18日(水)13:00~15:30 

内容:
●13:00~ まずは、KOKAJIYA特製“梅”ランチ
「おにぎり(梅干/梅味噌)/本町きゅうりの梅きゅう味噌/青梅ゼリー」をいただきます。
その後、講師のダイドコパティシエ佐藤千裕から「今日の梅のお話」

●14:00~ 「青梅シロップ&梅味噌づくり」の作業をスタート(作業:1時間半程度)
家庭で楽しむ梅しごとをわかりやすく、楽しくお教えします。

●15:30ごろ 終了
出来上がったシロップと味噌は、各自で瓶ごとお持ち帰りいただけます。

会場:室礼(新潟市西蒲区岩室温泉666 灯りの食邸「KOKAJIYA」 2階)
駐車場は「いわむろや」駐車場をご利用ください。

参加費:5,000円(ランチ+梅など材料費+保存瓶2つ付き、当日お支払い)
持ち物:エプロン、ハンドタオル、重い瓶が入る布製の持ち帰り袋
定員:15人

申込み方法:TEL 0256-78-8781(KOKAJIYA)/080-3514-6907(ダイドコ佐藤)まで。
「6/18の土着ワークショップ参加申込み」とお伝えください。

※小さいお子様(2歳から一緒に作業可能!)も参加できます。ランチについてはご相談ください。
※6/16番外編「梅の収穫体験」に無料でご参加いただけますので、参加の有無をお伝え下さい。
※定員になり次第、受付終了となります。

////
【連動企画】土着ワークショップvol.03番外編
『梅の収穫に行こう!@ひかり畑』

////

連動企画として、江南区の農家・ひかり畑さんのご協力により、今回は特別に現地での梅の収穫体験をお願いしました!6/16、6/18と両方ご参加いただくと“収穫から梅しごとまで”通しで体験できます。
収穫だけのご参加も可能です。奮ってご参加ください。

日時:2014年6月16日(月)13:00~15:00(2時間程度を予定)

集合場所:アスパーク亀田(亀田総合体育館) 新潟市江南区茅野山3-1-13
※ 集合場所から現地ヘご案内いたします

参加費:梅の代金のみ(1キロあたり800円頂戴します)
※6/18の土着ワークショップにご参加の方は、ワークショップ時に材料費を頂くので無料です

申込み方法:TEL 0256-78-8781(KOKAJIYA)か080-3514-6907(ダイドコ佐藤)まで。

*****

ランチに使用する梅シロップや梅味噌はパティシエ佐藤のお手製。

ちなみにワークショップにはkokajiyaスタッフも数名研修として参加する予定です。

kokajiyaにも色とりどりの保存棚が出来る日も近いかな。

Top