LFJ新潟2014出店情報①今年もLFJ公式弁当!

4月の最終日曜日、毎年恒例となったこちら

「ラ・フォル・ジュルネ新潟 熱狂の日 2014」

今年もDAIDOCOではドナウ広場で販売する公式のお弁当を考えさせて頂きました。

event1

enjoy1_ev5

LFJのお弁当企画と言えば頭を悩ますのが「ネーミング」。

2011年のうんめぃベートー弁当、2012年のマトリョーシカ弁当から引き継いだDNAを

昨年2013年のいいねうまいねむすびハチーク(8区の食材おにぎり弁当)で表現。

毎年クライアントさんにご依頼されているこのもじり作業がかなり大変です…w

でもその点今回は結構シンプルに…w

今年の開催テーマは

「三都物語 ウイーン プラハ ブタぺスト 〜ドナウとモルダウの間で〜 」

です。そして、今回は企画としてDAIDOCO×市内飲食店でのコラボお弁当にしました!!

 

【 和食弁当 「新潟三丼物語 〜信濃川と阿賀野川の間で〜」 】

DAIDOCO×日本料理「和花」(亀田)

亀田の老舗日本料理店「倉久」の遺伝子を受け次ぐカジュアルダイニング「和花」

sec01_imgsec02_img-1

赤い店構えと鉄板で仕上げられるお料理。そして、お昼のお重ランチも美しく素晴らしいお店です。今回は日本料理店での数々の修行をされ、現在和花料理長をされている佐野公昭氏による新潟食材を使用した三種類の丼ぶりと、料理長の思い出の味でもある甘くてジューシーな厚焼き玉子焼きを一緒に詰め込みました。

パッケージは昨年の仮面舞踏会風眼鏡も記憶に新しいですが、今年も凄いですよ。企画の方の気合いが感じられるものです。ヒントは川、橋!現在製作中。公開はもう少しお待ちを。

【洋風ランチボックス にいがたサンドストーリー 〜ウインナーとポークでブタ弁当〜 】

KOKAJIYA(岩室)×パネッテリアプリエーゼ(ピアBANDAI)

ピアBANDAIのパン屋さんでおなじみのパネッテリアプリエーゼ。自家製天然酵母と石挽きフランス小麦のバゲットは水をコントレックスで仕上げるという丁寧さ。特にハード系のパンは安定の定評があります。(山倉はゴルゴンゾーラとはちみつのS字バトンが大好きです!)

今回はこちらの白焼きバゲットで越後もち豚のウインナーをサンドした特製ホットドックを中心にパンオレやDAIDOCOシェフのデリやパテ、ダイドコアトリエのスコーンやジャムなどを詰め込んだ洋風ランチボックスになっています。

IMG_8509320x320_rect_5907921

 

こちらのお弁当は数量限定ですので、ランチの時間に合わせて早めにお越し下さい。

販売開始は昨年同様11時です!

そして…続けてラフォルジュルネ新潟2014② では引き続きスペシャルコラボカフェの発表を。。

Top