今年も大変お世話になりました【年末年始について】と、最後の晩餐会について。

25日で通常の営業を終えたKOKAJIYAは、ひっそりと…どころか…

クリスマスのそれに続く、年末の諸々作業に追われております。

この後、オードブル、おせちそして、年末年始のパーティーケータリングともり沢山のスタッフたちです。

26日は最後の貸切でオーダメイド食事会でした。

新潟市の都市政策研究所の皆様が東京からのゲストの皆様とご来店下さいました。

通常営業も終わったKOKAJIYA への研究所からのオーダーはとにかくkokajiyaの鴨を体験したい。

『新潟コア食材ディナー』をお願いしますと。

と言う事で、今回のメイン食材は

潟東の野鴨/佐潟の雷魚/夏井のはさ掛け米/西蒲野菜

です。鴨の解体デモンストレーションとKOKAJIYAプロジェクトのお話から始まる勉強会&ディナーでした。

IMG_7721 IMG_7722

DAIDOCOとしての潟東の鴨との付き合いはこれで4年目。

私達なりの料理とアクションを掴み始めています。

この時期うっすら雪の積もった潟東の稲作の終わった田んぼに降り立ち、

投げ縄猟でとれた新鮮な鴨(といってももちろん6日は熟成後ですが。)ですので

赤身はレアのソテー、フォアグラはコンフィーに、レバーその他の部位はテリーヌにしました。

佐潟の雷魚はこちらもソテーしちょっとスープ仕立てにして。

〆にはざ掛け米の洋風茶漬け(もちろん出汁は鴨!)と特製ルレクチェスープデザート。

シェフの分にと取っておいたシュトーレンもせっかくなので少しずつ召し上がって頂きました。

大絶賛して頂いたのも本当に嬉しかった&ほっとした(食文化を日々研究されている方々ですので、さすがの私達も多少緊張して迎えた食事会でした。)のですが、ワインと共に新潟の冬を堪能する皆さんの幸せそうなお顔に私達もほっこり幸せな時間を頂きました。

KOKAJIYAとしては来年に繋がるとても良い〆を頂いた気持ちです。

さて。

IMG_7729

室礼の素敵なしめ縄も届きました。

先日年末らしい、こんな素敵なプレゼントも頂きました。

IMG_7726

※新潟の「加茂錦」という酒蔵のお酒です。金粉付きのおめでたいお酒。デザインも素晴らしい!

(じゅん子さんありがとう!とっても素敵ですね!)

年始にはスタッフで集まって何かおいしい物を沢山食べながら決起新年会をしたいなと思っています。

そして、すでに色々決定している慌ただしい来年を、迎え打とうと。

灯りの食邸KOKAJIYAは、新年1月8日(水曜日)からの営業となります。

皆様良いお年をお迎え下さい。

来年もDAIDOCO、そして灯りの食邸KOKAJIYAをどうぞ宜しくお願い致します!

Top