新潟日報朝刊に掲載されました。

18日グランドオープンの日の朝刊、新潟日報さんの地域ページに

KOKAJIYAのオープン記事を掲載して頂きました!

写真

ありがとうございます。

誌面に写っているのは、KOKAJIYAの専属シェフである

汐見シェフです。(EATという料理教室も主宰しております。)

本日はテレビ、新聞にグランドオープンに関しての記事を取り上げて頂き、

それを見てきたよ!というお客様も沢山来てくださいました。

沢山のご来店、ありがとうございます!

混雑し、お待たせしてしまったお客様やご利用頂けなかったお客様には

ご迷惑をおかけしてしまったかもしれず、

少しでもたくさんの方にご来店頂けるよう、

これからも修正、システム調整を繰り返してまいります。

暫くの間はご来店の際、ご予約頂ける事をおすすめいたします。

そして、

DAIDOCO山倉が料理制作を担当した

新潟情報さんの創刊15周年記念号

表紙にお寿司ケーキが載ったフリーペーパーも

新潟市およびその周辺エリアに配布されていたようです。

 

※こちらのお寿司ケーキは、新潟のお米と鮮魚を使って、家庭でも簡単に可愛く手軽に(むしろ子供たちだけでだって)出来る、華やかな15周年のお祝いのケーキを作って下さいという編集部からのオーダーメイド依頼でした。なんと正しいダイドコの使い方でしょう!

 

もう、最近飛び回っていた案件が、一気に。出ましたね…

しかもオープンの日に全てが出そろうとは…

実は思ってもいませんでしたw

明日からまた、気を引き締めて、頑張ります!

 

と、言いたいところですが…

なんと明後日の夜からケータリングチームはいよいよ横浜へ

ウエディングケータリングの出張が待っている!!

こちらは水と土の芸術祭でご一緒した、

作家の曽我部昌史さんのチームリーダー、山本さんの結婚式です。

場所はみなとみらいも近いBankARTというアートスペース。

そこで、様々な場所で開催されているアートフェスで作品を作られる

山本さんにぴったりの、各地から縁ある食材を取り寄せ合わせた

オーダーメイドオリジナルウエディングランチボックスをお出しします。

港の見渡せる入江の風景は、山本さん、曽我部さんともご一緒した

昨年の芸術祭会場を思いおこすような、そんな場所。

今からどんな風にコーディネートしようか、楽しみにしております!

また、終了後にレポートをアップしたいと思っています。

 

KOKAJIYAはショップスタッフがあけておりますが、すでに21日は

ご予約で満席の様子です…

ご確認頂いてからのご来店をお勧めいたします。

Top