灯りの食邸 小鍛冶屋 KOKAJIYA

KOKAJIYAへようこそ。
ここは、築100年以上の歴史を持つ古民家「小鍛冶屋」を利用して作られた空間です。
温泉街の入口にかかる矢川橋から続くドン坂のつきあたりに静かに佇み、通りに面した大きな縁側からは、温泉街の一日の移ろいが垣間見られます。坂の下からたっぷりと朝日が入り込み、昼すぎには、その光もすぐ後ろの多宝山に隠れ、夜の訪れをいち早く感じ取れる夕暮れ色の室内は、
まさに温泉街のイメージにぴったりです。小鍛冶屋という名称は、本家である温泉旅館のルーツが「鍛冶屋」だったことに由来します。長い間地域の人々に親しまれてきた愛称を、店名として残しました。かつて民家だったこの場所にも、温かな暮らしがありました。
しかし時が流れ、建物からは次第に温度が消えていきます。そんな空間に、ふたたび灯をともすためにKOKAJIYAは誕生しました。灯りのあるところには、温度が生まれ、命が宿ります。人の体温、料理のぬくもり、温故知新の心。温泉もまた、人の心と体を温めてくれるものです。
この建物を舞台にして、心や絆、地域や文化、そして「お腹の中」と、さまざまなものを温めていきます。KOKAJIYAの灯りが生み出す温度の変化を、ぜひ体感してください。

〒953-0104 新潟市西蒲区岩室温泉666
TEL&FAX 0256-78-8781

営業時間 
【 KOKAJIYA 】
lunch 11:30 〜 15:00(LO14:30)
dinner 18:00 〜 21:00(LO20:00)

【 二階「室礼」】
open 11:30   cafe 14:30 〜 21:00

定休日:火曜日/第一水曜日  P:6台

KOKAJIYAメニューはこちら
温泉街を、心ゆくまで、よくばりに「ゆかた女子会」ゆもとや×灯りの食邸KOKAJIYA

GW期間中営業のお知らせと5月店休日

ディナーの一皿『烏賊墨を練り込んだ手打ちパスタ』

ゆもとや×灯りの食邸KOKAJIYA『季節の夜善』

岩室の春 移ろいの楽しみ方をご紹介します。

4月店休日のご案内です

【掲載】雑誌『 自遊人 』2016年5月号

期間限定ドリンク “桜と麹” テイクアウトはじめます。

三条スパイス研究所 OPENしました!

【温泉街の事件です!】

《掲載》OZ magazine TRIP 2016春号

ランチコース【雨水〜啓蟄】

岩室温泉との泊×食コラボ始まります!

Top