海カフェ!和カフェ!

今回の『ダイドコの台所VOL.3』、会場は西蒲区越前浜の浜茶屋と丘の上の民家「吉岡工房」です。
期間中会場では様々な催し物が予定されておりますが、
今日はDAIDOCOの海カフェ、和カフェについてご案内させて頂きます。


いたるところにお花がいっぱいの越前浜エリア。

浜茶屋ばうわうさんでの海カフェ。ダイドコの旅する食堂in越前浜カフェバージョンです。
メニューはもちろん西蒲区産、地場の食材を積極的に使用した浜メグリ限定メニュー。
会期中の営業は二週にわたる土・日曜の四日間。16日は特別に時間を延長して夜間営業いたします。
会場デコレーションはいわむろや館長の小倉さんに参加していただき、鯛車プロジェクトそして、
ワークショップ参加者さんと共に鯛車で海の見える窓辺をコーディネートしていただきます。
ここで当日のメニューを少しご紹介。

●DDサンド…ダイドコの台所オリジナルのスペシャルサンド。
●春浜汁…西蒲の海で取れたての魚介類を使用して、温かい浜汁を作ります。
●ハーブチキン…西蒲は実はハーブの栽培が盛んなエリア。ハーブをきかせたチキンのソテーはビールにも手作りジンジャーエールにもぴったりです。
●グリーンカレー…ダイドコオリジナルグリーンカレー。
●菜飯おにぎり…西蒲区の葉野菜、お米をたっぷり使用した特製おにぎり
●桜ロール…浜メグリには実は二回目の登場です。桜の香りのふわふわ米粉ロール。
●桜ブランマンジェ…ダイドコパティシエお勧めのデザート。春のメニューとしてケータリングデザートにも登場予定。
●苺タルト…新潟苺のたっぷりのった、贅沢苺タルト。
●手作りジンジャーエール…ダイドコオリジナルの手作りジンジャーエール etc…

一方の和カフェはというと…。

越前浜住居エリアの丘の上に建つ一軒家「吉岡工房」。

今回はこちらを会場として、DAIDOCOプロデュースの和カフェを営業いたします。
展示は工房の主、吉岡謙治の陶器。そして会場デコレーションは長岡造形大でテキスタイルを学び、卒業後だいだいねずみ染め作家として作品製作、展示、古町ワタミチでの草木染めワークショップ、お寺でのイベント会場デコレーションなどの活動を展開、ヨーロッパ滞在や出産を経て今回越前浜での展示は約4 年ぶりとなる吉岡( 佐藤)ちえみの作品。お抹茶パフォーマンスは浜メグリではおなじみの英工房さん。お着物でのご参加歓迎!柔らかな染め物に囲まれた浜の一軒家の縁側で、
焼き物とお抹茶、ダイドコの限定和スイーツをお楽しみください。

というわけでメニューはこちら!
● 抹茶クリームあんみつ( 杏)…特製寒天と黒蜜、新潟産のあんこをを使用した限定品。
●抹茶ババロア…濃厚な抹茶ババロアには、さっぱり生クリームと特製あんこを添えて。
●ほうじ茶プリン…ほうじ茶を煮出した特製プリン。黒蜜ソースでどうぞ。
●苺大福セット…みずみずしい新潟産苺とおもち、特製あんこのコンビネーションが抜群の苺大福。お抹茶とセットで。
●抹茶…英工房さんのお手前
●番茶

やー。どちらも楽しそうな臨時営業となりそうです。
春の休日、のんびりとお食事やお茶の時間をお楽しみください。

Top