第3回みずつち学校 「鎧潟をかたる」にてランチ提供

今から50年程前、西蒲区の最も低い地帯には約273haを誇る鎧潟(よろいがた)がありました。1968年に干拓完了した鎧潟は、今、水辺の暮らしの記憶として人々の中に残されています。失われつつある記憶を共有し、潟の食を味わい、個性的なゲストとともに「水と土」と生きる未来を思い描きます。(水と土の芸術祭公式HP http://www.mizu-tsuchi.jp/ より抜粋)

 

第3回みずつち学校にてランチを担当させていただきます。

テーマは【西蒲区の潟を味わう】。

鎧潟周辺にあった昔ながらの田舎料理、そこに暮らす人々の食の記憶を頼りにお作りしようかと思っております。

ただいま西蒲区にて聞き込み調査中。食材発掘中です。

どうぞお楽しみに!

 

 

日時:平成24年4月7日(土) 9:00~16:00 

《朝ラン》 9:00~12:30  バスツアー

《1時間目》12:30~14:00 昼食 “西蒲原の潟を味わう”

《2時間目》14:00~16:00 トーク・ディスカッション 「KATARU―鎧潟復活!?」

第3回みずつち学校 「鎧潟をかたる」の詳細はこちら→http://www.mizu-tsuchi.jp/topics/2012/03/post-30.html

 

Top