お寺ごはん 法話と冬の精進料理

2015/2/28

あっという間に2月も終わり…

ちょっと時間が経ってしまいましたが…2月2日に新潟市食育花育センターでおこなわれた

料理教室もっとDAIDOCOに立とう!『お寺ごはん 法話と冬の精進料理』のレポートです。

下の写真はセンターの皆さんから資料として頂きましたありがとうございました。

20150202事業報告用写真【精進料理】

DAIDOCOからはアトリエの佐藤千裕が登場しました。

金宝寺副住職朝倉様の法話を聴いてから、朝倉さんも参加して皆さんで精進料理作り。

節分前日の2月2日の開催ということで、朝倉さんからは節分の由来や、感謝して命をいただくということを、私達の日常生活に重ねてやさしく分かり易くお話していただきました。

法話を聴いた後に作た今回のメニューは、 こちら

__ 2

*****

・土鍋で炊く炒り大豆ご飯

・冬野菜の胡麻サラダ

・冬のあったかポタージュ

・大根ステーキ

・大根の皮きんぴら

・里芋茶巾絞り

*****

(素敵な漆塗りのうつわ一式はセンターの素敵なお姉様私達も大好きなスタッフの土肥さんの私物をお借りしたものです!)

冬の厳しい寒さの中、じっと耐えて甘みを蓄えた冬野菜の美味しさを、大切に無駄なく感謝していただく献立です。 今回のお野菜は、自然栽培の里芋は五泉の農園八兵衛さん。亀田のマルクニ農園さんからは白菜、大根、長ネギなど丸々と育った冬野菜を。 野菜の甘み、香り、旨味、香ばしさを引き出して、全部で6品皆さん美味しく作って下さいました

__ 3__ 4

 

今回も多数のご応募ありがとうございました。

また今年も2ヶ月に一度ぐらいのペースで、ダイドコらしい企画を続けて行けたらと思います。

ご参加頂きました皆様、金宝寺副住職朝倉様、そしてセンターの皆様、お世話になりました。ありがとうございました!

 

Top