卵乳製品なしクリスマスケーキのレシピを掲載して頂きました! 12月13日新潟日報朝刊

先日取材撮影をしておりました

卵乳製品なしのアレルギーっ子ちゃんでも食べられるクリスマスケーキの作り方。

本日の新潟日報朝刊に掲載して頂いておりました!

1454280_454722064629287_202124412_n

実はダイドコ山倉の娘は卵乳製品のアレルギー持ち。

そして、パティシエ佐藤はと言えば自身がアレルギー体質で長年苦労しており、

このお話がきた時には二人して即決「やります。」

とお伝え致しました。

 

ですが、この「アレルギー対応ケーキ」の作製というのは

本当に人それぞれの症状と体質、そして、作られる環境により

アナフィラキシーも起こしかねないなかなかリスクのある作業です。

 

実際の様々な食材、商品にも必ずコンタミネーションの表示等がなされており、

作る側としても選択する消費者側としても

少しのリスクを負い合いながらの食の現場でもあります。

日々のニュースにも重大な混入事故、摂取事故がおこっているのも現状です。

山倉家でも日々そうした選択の繰り返しで子育てをしております。

表示がなされていても、子供の体調次第では病院に連れて行かなきゃならない事も。

 

表立っては今までお伝えしておりませんが、

実際、ダイドコオーダーメイドケーキのご注文の中にはそういったご要望も多いのが確か。

アレルギーがあったって、誕生日には可愛いケーキを囲んでお祝いしたい。

誰だってきっとそうです。

そんなアレルギーっ子ちゃんがいるクリスマスのパーティーでも、

こんなケーキでボーダーなくみんなでお祝いしていほしくて、

今回の件も勇気を出してお受け致しました。

実はこのケーキ、アレルギー対応でもありますが、

原材料的にはとってもヘルシー!

なんといってもクリームはお豆腐そのものですし。

ダイエット中の方、そして、小さな赤ちゃんでも食べれるかもしれません。

注意点としては周りのデコレーションをしたらすぐに食べる事をお勧めします。

水切りしたとはいえ、豆腐の水分がかなりありますので、

スポンジに適度にその水分がしみ込んでいるうちにどうぞ。

翌日はちょっとサバランなみにびしゃびしゃしています。

それもまた違う美味しさですが…w

ご家庭で是非お子様と一緒に作ってみて下さい!

そして、ケーキや焼き菓子、お菓子についての様々なご相談オーダーメイドのご注文は

ダイドコのパティシエ佐藤と一応これでもパティシエ経験は長い山倉に是非お問い合わせ下さい。

夢のあるオーダーメイドオリジナルケーキ作製のお手伝いから、

食事制限やアレルギーのある方のお祝いのご相談まで

可能な限りご協力させていただきます。

最後に、新潟日報の担当記者さん。カメラマンさん。

希望ある素敵な記事を一緒に作って頂きありがとうございました。

Top