横浜ウエディング〜茅葺きの塔ケーキ〜

横浜ウエディングケータリングの続編。

今回のウエディングケーキのご注文は

こちら。

大地の芸術祭作品である「下条茅葺きの塔」です。

新郎の山本さんはこの作品の制作リーダーでもありました。

思入れのあるこの塔を、是非ケーキに仕上げてくださいとのお話。

パティシエ佐藤が全長45cmの

食べられる茅葺きの塔を製作させて頂きました。

IMG_8346

 

周りには新潟の秋の味覚をたっぷり飾り、もちろん刈りたての稲穂もデコレーションしました。

 

参加していた方からの私達の作業風景の写真を頂きました。

63907_392812717511207_1882767140_n555846_392812884177857_2029546405_n12067_392812897511189_618966923_n

なんだか三人供真剣な眼差しだこと。

まさか全員徹夜明けとは思えないピシっとさですね…

メイン会場は通称川俣ルーム。

7030da4a226d932964fb12eb9aea525d

パレットで囲まれたその空間は

私達もなんだか心地いいぐらいに懐かしい。

最後のスタッフ紹介で

「食材を多様に使う腕は尊敬に値するぐらいのチームです。今回は新潟から呼び寄せてしまいました」

とご紹介頂き、あまりの褒め言葉に思わず笑ってしまったところを激写されていました…

994618_392812944177851_1562516463_n

今回は色々な場所の離れた方々との協働も嬉しかったです。

アートライターの友川綾子さん

デザイナーの阿部太一さん(GOKIGEN)

空間ディレクションの内藤正雄さん(Tür aus holz

映像の深田隆之さん

キャンドル作成のnicori さん

編集の大谷薫子さん(本のモ・クシュラ

司会の牛山恵子さん(Studio PANDA)

会場美術の吉本伊織さん(なんとみずつち作品の製作にも参加されていたとの事!!)

そして、会場となったBankART1929の池田修さん。

その他にも様々な皆さんと間接的にも関わらせて頂き、時にご協力頂きました。

皆さん、仲良くして頂いてありがとうございました。

お店が出来て、お会いする人に「いつでも遊びにいらしてください」と

お話出来るようになった事に今回気がつきました。

次は新潟でお会いしましょう。といえる事を嬉しく思います。

山本さん。絵美さん。末永くお幸せに。

そして、必ずまた何処かで!お会いしましょうね!

 

Top