カジノでは、どのゲームでもプレイヤーが不利なのは明らかです。カジノ側が有利になっていますが、その確率はゲームごとに異なります。

 

では、そうしたオッズを有利に動かすことはできるのでしょうか?当然ながら、オッズ自体を変えることはできませんが、ハウスエッジ(控除率)があまり高くないゲームやプレイ方法を選ぶことは可能です。

 

今回はいくつかのゲームを取り上げ、プレイヤーが勝てる可能性が最も高く、ハウスエッジが最も低いものをご紹介していきます。

 

バカラ

バカラは、バンカーまたはプレイヤーの勝利、もしくは引き分けをシンプルに予想するだけの、比較的簡単なゲームです。バンカーに賭けるのが最もハウスエッジが低く、勝率の高い戦略です。

 

勝った場合はカジノ側に手数料を払う必要があり、これは通常1.06%に設定されています。

 

カジノポーカー

カジノポーカーは純粋な運ではなくスキル依存型のゲームなので、おそらく最も人気の高いカジノゲームと言えるかもしれません。

 

ポーカーでは、カジノを相手にするのではなく(カジノ相手の場合はプレイヤーが不利なことは先程ご紹介しました)、他のプレイヤー相手に戦います。

 

全プレイヤーの賭け金の合計に対して少額をカジノ側が手数料として差し引く以外は、実質的にカジノの取り分は存在しません。

 

ブラックジャック

一般的な認識とは異なり、ブラックジャックは完全な運のゲームではありません。確かに、ディーラーがデッキから引くカードをコントロールすることはできませんが、カードカウンティングを行うことで大幅にオッズを高めることができます。

 

カードカウンティングの仕組み

 

カードカウンティングはそれ自体が1つのスキルであり、習得には時間と努力が求められますが、基本的なことを言えば、デッキに残っているカードがプラスかマイナスか(デッキにハイカードとローカードのどちらが多く残っているのか)を計算するだけなのです。

 

カードカウンティング自体は違法ではありませんが、行っていることが発見された場合はそのカジノに出入りできなくなり、他のカジノにも警告が伝わってしまう可能性が高いでしょう。

 

ビデオポーカー

ビデオポーカーもスキルベースで、正しい決断ができればカジノ側の優位性は小さいゲームです。

 

ハウスエッジはテーブルとプレイヤー数で決まります。各テーブルにおけるマシンのスケジュールとペイバックを読めるようになれば、大きなリターンを得られるでしょう。

 

クラップスのオッズベット

クラップスにおけるオッズベットは、カジノ側に優位性のない、珍しい例です。しかしこの話には裏があります。まずは、パスラインベットを行わなければならないのです。

 

パスラインベットを行って出目が4、5、6、8、9、10だった場合、緑のフェルトのオープンスペースにオッズベットを行うことができます。

 

ただしオッズベットにはもう1つ問題があり、カジノ側が賭け金に制限を設けているのです。そのため、大金を稼ぐことはできません。

 

最もプレイヤーの分が悪いカジノゲーム

当然ながら、プレイヤーが特に不利なゲームもいくつか存在し、その中でも最悪なのがスロットマシンです。スロットではハウスエッジが最大17%にも上り、非常に厳しいゲームです。

 

まとめ

ゲームごとにオッズは異なるので、賭け金のリターンを考えるならゲーム選びが重要になってきます。楽しさだけを求めるなら、好きなゲームを選びましょう。